こんにちは 福島みんぷくです!


4月行事予定

月 日 曜 日 団地名 行事名
4月2日 月曜日 飯坂団地 体操教室&お茶会
4月4日 水曜日 北中央団地 健康体操(福島県レクリエーション協会)
4月6日 金曜日 根柄山団地 一眼レフカメラ撮影体験会(キヤノン株式会社)
4月9日 月曜日 飯坂団地 体操&一閑張教室
壁沢団地 健康体操&お茶会(福島県レクレーション協会)
4月10日 火曜日 北沢又団地 きらり健康生協体操教室
桑折駅前団地 café・Sugar/花サロン合同お茶会
4月11日 水曜日 北中央団地 きらり健康講話
石倉団地 健康体操(福島県レクリエーション協会)
4月12日 木曜日 根柄山団地 お茶会
4月13日 金曜日 笹谷団地 ヨガ教室
4月15日 日曜日 根柄山団地 植樹祭(公益社団法人米沢青年会議所)
4月16日 月曜日 飯坂団地 体操教室&一閑張教室
4月17日 火曜日 桑折駅前団地 お茶会
4月18日 水曜日 北中央団地 お茶会
石倉団地 お茶会
4月19日 木曜日 北沢又団地 お茶会(COOP福島)
4月23日 月曜日 飯坂団地 体操教室&お茶会
4月25日 水曜日 北中央団地 お茶会
笹谷団地 味の素料理教室(味の素ファンデーション)
4月27日 金曜日 北沢又団地第2 お茶会(COOP福島)
壁沢団地 医療生協健康体操教室
根柄山団地 健康体操(福島県レクレーション協会)
4月29日 日曜日 石倉団地 WCRPお茶会サロン(WCRP)

4月6日 根柄山団地 キヤノン一眼レフカメラ教室

キヤノン株式会社主催で、根柄山団地でカメラ教室が開催されました。

 

はじめにカメラの使い方や、写真の撮り方の説明を聞き、いざ外へ出発!

 

「団地の中をこんなによく見て歩くのは初めて」

「いい運動になった」

「この写真素敵ねー」

など撮影しながら、会話が弾んでいました。

 

また、地元町内会から3名の参加があり、団地の皆さんと散策しながら交流を図っていました。

 

皆さんそれぞれに草花や風景、自慢のペットを撮影し、最後に品評会をしました(^^)

 

一人ひとりの個性が輝くステキな写真がたくさん!!

 

これから写真を撮る時に、アングルや光の加減など考えながら撮るのも楽しみの一つになりますね★

 

なお、同教室は3月28日石倉団地、3月29日北沢又団地においても開催されました。


3月16日 壁沢団地 福島医療生協 健康体操

壁沢団地で行われている福島医療生協さんによる健康体操教室へ参加させて頂きました☆

 

本日は参加者が5名と、いつもより少ない人数で、参加された方からも”今日は寂しいね”との声が聞こえてきました。

 

脳トレを兼ねた棒体操で頭を柔らかくし、身体もポカポカしてきた後で、音楽に合わせて体を動かし終了しました♪

 

今日もお茶会の時間に、カーレットーーーー!!!

 

私達みんぷくも参加させていただき、皆さんと一緒に楽しく笑わせて頂きました!

 


3月13日 北沢又団地 きらり医療生協 セラバンド

 

本日は、きらり医療生協さん主催のセラバンド体操へ参加させていただきました♪

 

お天気も良く、暖かい陽気の中、初めて参加される住民の方もおり、みなさん楽しく汗を流されていました★

 

セラバンド体操終了後は恒例のお茶会を行い、我々みんぷくも一緒に混ぜて頂き、楽しい時間を過ごさせて頂きました!

 

これから気候も良くなってくるので、たくさんの住民の方にご参加頂きたいと思います!!


3月12日 根柄山団地 曹洞宗行茶会

根柄山団地集会所で行われた「お坊さんと一緒に楽しいビーズブレスレット作り」にお邪魔してきました。

住民の方々の参加が19名、曹洞宗復興支援室の方々が10名と大盛況のなか、曹洞宗復興支援室主催による行茶会、ビーズブレスレット作りが行われました。

 

親玉を通した後、赤系や青系の様々なビーズをナイロン製紐に通して、素敵なビーズブレスレットができあがりました。作品の製作中には、僧侶の方々が参加者の間にはいり、会話を楽しみながらの作品作りのお手伝いをされていました。

完成した作品は、大変きれいにできあがり、住民のみなさんは大変満足した顔であったように見受けられました。

 

今後、曹洞宗による行茶会は2か月に1回、根柄山団地集会所において開催されます。


3月12日 飯坂団地 健康体操・クレイアート

3月12日、定例の健康体操の日だったのですが、この日は、みんぷく交流員が講師を務めさせていただき「マグネット付きマカロン作り(クレイアート)教室」を開催させていただきました。

 

健康体操の日ということもあって、マカロン作りにとりかかる前に準備体操。手と指の軽体操、ラジオ体操第一で身体を十分にほぐしてマカロン作り開始です。

 

白粘土に赤や黄、青、茶等の色粘土を混ぜ合わせ、それぞれ好みのカラーを作っていきます。

 

楽しい会話や笑いがあるなか粘土を混ぜたり、千切る作業などそれぞれ自然に分担され、みなさんそれぞれ美味しそうなマカロン作りに励みました。

 

色合わせや飾りつけによって、それぞれ個性ある素晴らしいマカロンが出来上がり、何よりも多くの方々から「楽しかった」の声があふれました。

 

最後は全員で作品を手に記念撮影し、作品を囲んでお茶で一服。

 

作り終えた住民の方からは、

「あら~!その飾りつけいいね」や「その粘土の色が可愛いね」

など作品を見比べ褒め合う声が聞こえてきたり、粘土を上から押して形を作る時の力の加減が難しくて上手に作れなかったなどと残念がる住民の方もいましたが「でも皆と作ると楽しいね」と笑顔になってもらえました。

 

今回は、団地入居者のほか、団地近隣にお住いの地域に避難する方々の参加もあり、初めてのマカロンづくりに皆さんが思い思いに小物飾りをデコレートするなどし、制作過程における会話を楽しみ、賑やかに過ごされました。

 



3月1日 壁沢団地 「お茶会でひな祭り」

本日は壁沢団地にて、~お茶会でひな祭り~と題した茶会に参加させて頂きました♪

 

クレイアート(樹脂粘土)で型抜きの花を作り、写真立てに飾り付けをしながら、製作終了後は甘酒や茶菓を食べながら、ひな祭りの雰囲気をみんなで楽しみました♡

 

浪江町社協さんにもご参加頂き、我々みんぷくも含めて、総勢14名で盛り上がりました!!

 

みなさんそれぞれが、思い思いに花を作られ、飾り付けをし、出来上がった写真立てに、参加者全員で撮った記念写真を入れてお持ち帰りになりました★


2月16日 壁沢団地 福島医療生協 健康体操

壁沢団地の福島医療生協さんによる健康体操へ参加させて頂きました♪

 

本日は”いきいきももりん体操”を行った後、壁沢オリンピックと名付けたカーレット大会を行い、大変盛り上がりました!!

 

前日に平昌オリンピックでカーリングが放送されたこともあり、卓上のカーリングと呼ばれているカーレットは、皆さんオリンピック選手かのごとく、負けたくない気持ちから真剣に、でもわいわいと楽しく取り組まれていました★

 

今回はじめて参加されたみなさん、次回の参加もお待ちしています。


2月15日 北沢又団地 コープふくしまお茶会サロン

2月15日、北沢又団地 大和田集会所にて、コープふくしまさん主催の「お茶会サロン」が今月も開催されました。

 

参加者が毎回楽しみにしていて、いつも笑いが絶えないコープふくしまのお茶会サロン。今回は近隣の住民の方にも参加いただき、総勢17名が交流を深めました。

 

お茶やお菓子を楽しんだ後に一人ひとり自己紹介。

ギターに合わせて懐かしの歌や替え歌、納豆の歌、手遊び歌(魚の開き)を楽しく行った。

 

その後、コープふくしまさんが用意した折り紙の中からそれぞれ2枚ずつ選び、雛祭りも近いことから、「おびな」と「めびな」のひな人形を折った。仕上げに好きな色のペンで目と口を書き、表情豊かなひな人形が出来上がり、どこに飾るかなどの話にも華が咲き、とてもゆういぎなお茶会の時間を過ごされました。

 

復興公営住宅北沢又団地では、平成30年4月以降も、コープふくしま「お茶会サロン」は毎月第3木曜日、北沢又団地大和田集会所に開催されます。

 


1月21日 北沢又団地 コーヒードリップ教室

1月21日、本日は北沢又団地において、コーヒードリップ教室が行われました!

 

陶芸教室全5回シリーズの集大成のこの教室は、ご自分で製作されたマグカップを使用し、コーヒーをご自分で淹れるものです☆

 

教室開会前に渡されたご自分のカップを見て、

 

”水漏れてこないよね~”

 

と笑いながらも心配されている方が何人もいらっしゃいましたが、心配をよそに皆さん大丈夫だったようです★

 

講師に福島市花園町にある”珈琲舎 雅”の山口さんを講師にお迎えし、コーヒーの淹れ方の基本や味の違いの説明などをお聞きした後、講師の見本に習い、それぞれご自分でコーヒーを淹れ、おいしいケーキと一緒に、コーヒーを堪能されていました(^^♪

 



1月13日 壁沢団地 新年会バスツアー

 1月13日(土)壁沢団地のみなさんの新年会が福島県伊達市にある「カッパ王国」にて開催されました。今回の新年会は、バスの送迎があったためか土曜日の開催だったためか、「はじめて自治会の交流会に参加」という方々が多数みうけられました。

 

 到着後すぐに入浴をして、昼食時には初対面の方同士もお互いの避難元の話などで話が弾んでいました。

 メインイベントの橘小竜丸劇団による大衆演劇と舞踊ショーは、身を乗り出して観劇される方もいたくらい、楽しんでいました。


 帰りのバスを降りた時には皆さんから感謝の言葉をかけていただいたり、初めて参加された方から定例の健康体操に参加したいとの声も聞かれ、気軽に参加して頂けるきっかけ作りにもなったり、とても有意義な新年会となりました。


1月9日 北沢又第1団地 きらり健康教室

新年を迎えて初めてのきらり健康教室が行われ、団地入居者7名と近隣町会ボランティア3名の10名の方が参加されました。

 

皆さん大声で数を数えながら、個人の能力に応じてセラバンドを使っての運動を楽しまれていました。

その後のお茶会では、初対面の方同士も気軽にお喋りを楽しんで交流を深められていました。


12月25日 飯坂団地 健康体操&クリスマス会

12月飯坂団地集会所にて、クリスマス会が行われました。今回は、毎週月曜日に定例で行われている健康体操の時間に、クリスマス会も併せて開催しました。

 

我々みんぷくスタッフはこっそり車の中で着替え、サンタクロースやトナカイのふん装でサプライズ登場させて頂いたところ、入居者の方々が盛大に盛り上げてくださいました。

 

いつもの健康体操からズンドコ節などの歌を歌いながらの体操へ、歌を歌いながらの体操から踊りへとととても賑やかな健康体操兼クリスマス会でした。

 

最後に、皆楽しみにしていたクリスマスケーキがふるまわれ、ゆっくりと食しておられました。

 

年に一度のクリスマス、みんぷくスタッフも飯坂団地入居者の方々と楽しませていただきました。

 

飯坂団地役員の皆様、住民の皆様、お疲れさまでした。

 



12月25日 北沢又第二団地 クリスマス餅つき大会

 12月25日(月)北沢又第二団地 台前集会所に於いて、クリスマス餅つき大会が行われました。

あいにく強風と雨も降る天候で、当初予定されていた外での杵と臼での餅つきはできませんでしたが、そのような状況下にもかかわらず初めて子供さん達も参加するなど56名もの入居者の参加がありました。

 福大災害ボランティアセンターの学生の皆さんのお手伝いと役員の皆さんのチームプレーで、餅つき機でつき上がったお餅を、手際よくあんこ餅ときな粉餅にしてパック詰めをしたり、クリスマスの飾りつけをしたりして雰囲気を盛り上げました。

 会食途中から福大の学生さんがビンゴゲームで番号を読み上げると更に盛り上がり、初めてお話をする入居者さん同士も自治会が用意した景品を見せ合ったりしながら自然に話が弾み、交流が深まっている様子でした。

入居者の皆さんは帰り際にはとても満足した様子で役員さん達にお礼を言って帰られたり、初めて参加された方々の中にはこれを機に今後も自治会のイベントに気軽に参加したいと話される方もいたりと、とても実りあるクリスマス餅つき大会となりました。

 



12月22日 北信団地 ミニ門松作り交流会

12月22日、北信団地集会所にて、ミニ門松づくり交流会が行われました♪

 

 

ミニ門松と聞いて、手の平に乗る位のサイズを想像していましたが。。。な、なんと、出来上がりは70㎝程度の高さになる立派なものでした!!

 

ミルク缶を使用した土台に藁を巻き、下から、七・五・三回とシュロ縄を巻きます。その後で、缶に砂を入れ、竹を刺し、松葉で周りを埋めて、南天やアオキ、葉牡丹などで装飾をして出来上がりです★

  

門松が完成後は、今回お招きした講師の方を囲みみなさんでお弁当タイム!

美味しい食事、みんなで食べる食事の時間は、会話も弾みます。

  

皆さん、近くの方たちと協力し合ったり、思い思いに製作に取り組まれていました!講師の先生もお話し好きな方で、終始笑いの絶えない雰囲気の中、私達交流員も楽しい時間をご一緒させていただきました♪

 

 


なお、今回の交流会は平成29年度赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金2」【被災地住民支え合い活動助成事業】の助成金を受けて行われました。


12月17日

北信団地 北信団地20号棟自治会バスツアー忘年会

12月17日(日)10時30分に北信団地20号棟に集合して、祭屋湯佐衛門のお迎えバスに乗り、忘年会に出発しました。

小雪が舞うあいにくの空模様の下、団地住民13名の参加がありました。

 

当初予定では到着後すぐに希望者は入浴する予定だったのですが、お風呂の掃除がまだ終わっていなかったため、会食の会場をお風呂掃除が終わるまでの休憩室としてご提供いただきました。

 

そのことにより、思いがけず会食前に参加者同士で雑談をする時間ができて、今後の活動について話が弾みました。

 

会食時にも、日曜日の実施だったために初めて参加された方ともカラオケを交えて、楽しく会話されたりして大変盛り上がりました。

 

お風呂も貸し切り状態でゆっくりと入浴できたこともあり、皆さん大満足のバスツアー忘年会になりました。

 


12月16日 表団地 無料似顔絵イベント

12月16日、「頑張ろう!東北オペレーション!」のメンバーの高橋千穂さん達による似顔絵イベントが表団地集会所にて開催されました。

 

高橋さんは、入居者ご本人もしくはお持ちいただいた写真をもとに、色紙に丁寧に似顔絵を描いていただきました。完成した似顔絵は、これがまたなんと、描いていただいた方も観ている方々も「ほっこり

」とする出来映え。

 

またお手伝いで同行された他スタッフ2名の方々が、似顔絵の順番待ちの時間を利用して、入居者の方々と歓談されたり、生ギターの演奏で唄を披露されたり、子供たちと遊んでいただいたり、入居者の方

々が手持無沙汰にならないように、場を盛り上げていただきました。

 

おもいのほか団地内の未就学児が全員集合する機会となり、お互い初対面同士の子供たちもすぐ打ち解け、元気に外、中と仲良く遊んでいました。

 

似顔絵の順番を待つ間の時間のたわいのない会話ではありましたが、高齢者と子供たちが同じ空間で時間を共有する良い機会となったのではないでしょうか。

 

約3時間で14名の似顔絵を描いていただきました。「すごく楽しみにしていたんです」とか「宝物にします」といった声や「お父さんに自慢する」といったお子さんもおり、みなさん非常に喜ばれていまし

た。

 

高橋千穂様および当日お手伝いでご同行いただいた方々、遠くからおいでいただきありがとうございました。また機会がありましたら、またよろしくお願いいたします。


12月15日 壁沢団地 福島医療生協 健康体操

12月15日、壁沢団地にて毎月第3金曜に行われている福島医療生協さんによる健康体操教室に参加させていただきました!!

 

初めに、参加されたお一人方ずつ血圧測定を行いました。皆さんしっかり血圧手帳をお持ちになり、毎日血圧を記入されている方が何名もいらっしゃって、健康意識の高さに関心させられました☆

 

次に行われた健康体操は、着席のままで、ご高齢の方でも容易に上肢や下肢を動かすことのできる内容で、ゆっくりとした雰囲気の中、皆さん楽しく活動されていました♪

 

最後は”フレイルチェック”を行いました!個々に配布されたチェック表を元に質問に答え、握力や棒つかみなどの測定結果をグラフに表しました★

 

普段の生活からは見えなかったことが発見されたり、再確認ができたりしたようです!!

 

その後は楽しいお茶会~♪

 

本日は、浪江町社会福祉協議会の生活支援員さん2名にもご参加頂き、我々みんぷくスタッフ2名を含む、11名でのお茶会となりました!!

 

次回は年明けの1月19日に開催予定です!

 



11月19日 表団地 ふくかいねっと

11月19日、二本松市にある福島介護福祉専門学校の学生さんによるボランティアサークル、「ふくかいねっと」による茶話会がありました。

 

学生さんのあいさつの後、グーパー体操などの軽体操で身体をほぐしていったのですが、学生さん、入居者のみなさんが軽々とスムーズにこなしていくなか、みんぷくスタッフのとある方は、掛け声通りに手が動かず四苦八苦していました。

 

軽体操で身体がほぐれたあとは、この日のために学生さんたちが丹精込めて仕込んだおでんを、美味しくいただきながら、趣味を交えて自己紹介を参加者一人ひとり行いました。

 

学生さんの出身地に驚いたり、入居者の方と同郷だっだたり、同じ趣味だったりと「趣味を交えての自己紹介」を行ったことで、学生さんと入居者のみなさんとの距離が一気に縮まり、さらに会の雰囲気が盛り上がりました。

 

学生さんを交えて、共通の趣味の話題に花を咲かせる方たちもおり、入居者さん同士、入居者さんと学生さん、それぞれ日常のあいさつだけでは、なかなか知ることができない一面にふれる、良い機会になったのではと思います。

 



11月14日(火)飯坂団地 バスツアー交流会

飯坂団地のバスツアーが行われました。

 

飯坂団地1号棟から3号棟に入居し2年が過ぎ、団地内での交流の機会も増え、入居者同士の顔が見える関係性が深まってきていますが、共に語り合える時間も短いことから、一緒に県内の史跡を巡り、温泉等に浸り休息をとりながら語り合える時間を持ち、団地内の方々との交流を図りより親睦を深めたいとの声から自治会で企画されました。

当日は天候にも恵まれ、「座頭ころばし展望台」からは、僅かに残る紅葉を眺め、大内宿を散策し、その後温泉に立ち寄り、昼食、入浴とバスツアーを満喫されていました。

 

また、自治会役員さん自らガイドさん役を務められ、移動中の車内は、クイズやカラオケで大いに盛り上がり、割れんばかりの拍手と歓声に包まれていました。


11月8日(水)北沢又団地 イタリアン教室

 北沢又団地陶芸愛好会主催の全5回シリーズで陶芸教室が企画され、2回目まで終了しました。11月10日開催の第3回陶芸教室に先立ち、伊達市保原町、「トラットリア ラ・ワサビ」の末永俊一郎シェフを講師にお招きし、イタリアン料理教室が開催され、参加者全員で”ミネストローネ”を作りました!

 イタリアの家庭料理であるミネストローネの作り方は簡単なようで、奥が深く、末永シェフの実演を見ながら、おいしい匂いに包まれた集会所内はわくわくした雰囲気の中、各班で調理がスタートしました。今回は、友人・知人関係なく班を編成し、材料の切り方や手順、火加減など、初対面とは思えないほど楽しく調理されていたのが、とても印象的でした!!

 出来上がったミネストローネは、前回までの陶芸教室で各自製作した器に盛り付けをし、見た目も味も美味しさ倍増!バケットと一緒にあっという間に完食されていました。サプライズで末永シェフお手製のバターケーキを頂き、お腹も心ももう一杯!最後の片づけまで皆さんで協力して行い、とても楽しく有意義な時間を過ごされていました♪

 参加者の約半数が団地へ入居されている方々、その他の約半数が地元住民の皆さんと近隣に避難をされている方々で構成された今回の料理教室は、団地内外の壁を越えて親睦を深めるとても良い機会になられたことと思います!!

 


11月2日 根柄山団地 サロン「スマイル」スタート

10月に仮スタートしていたサロン活動「スマイル」が本格スタートしました。

 

ことの起こりは、ある日のお茶会での一言。「手芸や小物つくりをやりたーい」と。すると、とある住民さんと住民さんも「やりたーい」と意気投合。その後、団地内で小物つくりサークルのメンバー募集をおこなうと、18名の希望者が集まり、サロン活動「スマイル」が誕生しました。

 

10月は、クラフトバンドでブローチ作成が2回。石倉団地の入居者の方お二人に講師をお願いしたところ快く引き受けていただきました。

 

みなさんはじめて細かい作業でしたが、個性を生かし、工夫を凝らした素敵なブローチが完成しました。ブローチだけではなく、キーホルダーやミニリースを作られた強者もいらっしゃいました。

 

11月はクラフトバンドでふたつきBOXを作成。男性陣も参加していますが、女性陣に負けず劣らず、素晴らしい作品が仕上がっています。

 

今後は、毎月第一および第三木曜日の月二回、サロン活動を行っていきます。

 

 

本サロンは「赤い羽根共同募金」被災地住民支え合いサポート募金を利用して11月から本格始動しました。


11月2日(木)

北信団地・笹谷団地合同パークゴルフ交流会

北信団地、笹谷団地(それぞれ福島市の復興公営団地)合同のパークゴルフ大会が福島市パークゴルフ場において開催されました。

10代から80代まで幅広い年齢層の21名の参加者は、秋晴れのなか、9ホールを2回、約2時間かけてラウンドしました。参加者の多くがパークゴルフに初挑戦でしたが、「初めてだけど楽しかった」「またやりたい」「若いころソフトボールをやっていたのでボールがよく飛んだ」「初めてのやったがロングコースでホールインワンが出たことが嬉しかった」との声が聞かれました。

ラウンド後は、古民家を改装した風情ある雰囲気の食事会場に移動し、表彰式。表彰式では順位が発表され、北信団地自治会長から参加者一人ひとりに賞品が手渡され、喜びと拍手で会場がつつまれました。

その後、懐石料理に舌鼓をうちながら昼食。昼食後は、あづま運動公園に移動し、一面が紅葉で色づき、黄色の銀杏並木にそそぐ木漏れ日の中を全員でのんびりと散策して、2団地合同の交流会は終了しました。

 



10月16日(月) 県営北沢又団地  味の素料理教室

県営北沢又団地で福島県知事来所

ふれあいの赤いエプロンプロジェクト(公益財団法人味の素ファンデーション)

福島市の県営北沢又団地大和田集会所において、味の素さんの「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」料理教室が行われました。

今回は、県営北沢又団地の住民のみなさんのほかに近隣町内会の方も参加され、住民のみなさん同士の交流をより一層深める事ができました。

また、住民の方は内堀福島県知事、味の素の西井社長がサプライズ参加され、テレビや新聞から取材を受け驚きと緊張を味わいました。

 

この日のメニューは、

「甘酢しょうがのいなりずし」

 すし酢には甘酢しょうがの甘酢を使いしょうがの風味があるいなりずしでした。

「ざくざく汁」

 二本松の郷土料理でお野菜がふんだんに使われ、本来であれば味の素のお醤油を使うところでしたが、地元のお醤油で味付けしました。

「青菜とキノコのツナあえ」

 小松菜とシメジを水煮のツナで白ごま、ごま油で味付けしたおひたしでした。

以上3品

 

調理後、住民のみなさんは内堀知事、西井社長と料理を味わい、楽しい時間を過ごされていました。

 

知事は参加者20名一人ひとりとハイタッチで帰られ、また食後コーヒータイム最中に西井社長からも一人ひとりに記念品が手渡され喜ばれていました。

 

 

住民の皆様も県職員やマスコミが来ていたなかでの料理教室に参加頂きお疲れさまでした。



10月15日(日) 石倉団地

~石倉団地・福島介護福祉専門学校合同芋煮会~

二本松市の石倉団地集会所前で、入居一周年を記念した「石倉団地・福島介護福祉専門学校合同芋煮会」が実現しました。

心配していた天候にもほぼ恵まれ、会場は約200名以上の参加者で賑わい、石倉団地自治会役員のみなさまと団地住民有志のみなさま、福島介護福祉専門学校のボランティアグループ「ふくかいねっと」で活躍する学生さんと連携して準備、開催の運びとなりました。

芋煮汁の材料の買い出し・調理を同校学生等が担当、なみえ焼きそばを始め、焼きとり、フランクフルト等の調理を自治会で担当し、自治会と学生さんと分担し、買い出しや備品資材の手配、当日の役割分担など団地住民の協力も得ながら何度も打ち合わせを重ね、まさに団地一丸となったイベントが実現しました。

また、仮設住まいの頃から繋がりのある、長野県の「わさびーず」というフォークギターの演奏により、懐かしの歌や介護福祉専門学校の学生による催しで「軽体操」と「よさこい踊り」が披露され、「よさこい踊り」では会場全体が盛り上がった。

 

参加者によるカラオケのど自慢大会では、入居者の方々以外に近隣町内会の方々の参加もあり会の終了時間まで歌声が会場に響きました。

 

さらに当日は近隣の油井神社のお祭りが行われており、芋煮会終了後に、団地内に神楽が廻って来て、自治会で玉串を奉納し各棟の管理人さんが榊を上げ、団地入居者の健康と安全を祈願した。

 

会場では団地入居者同士、近隣住民、または同じ復興住宅から参加された多くの方々と楽しく交流が図れ、普段あまり団地から外に出ない入居者の方も参加しており、気軽に足を運べる良いきっかけになり、自治会としても今後の活動に対し大きな収穫となったことと思われます。

 

福島介護福祉専門学校との合同芋煮会は、若い世代の学生との交流を通して、高齢者が多い団地内に活気が溢れ、他の復興公営住宅からの参加者や、地域住民とのつながりも深まりイベントの内容も好評だったため、来年以降も各支援関係団体と連携し、協力をお願いして継続して行きたい。

 

 

なお、このイベントは、WCRPフクシマコミュニティづくり支援プロジェクトの支援を受けて行われました。

 


10月9日(月) 北沢又団地

~松川湧水公園10周年 復興公営住宅と地域住民との交流芋煮会~

10月9日(月)、福島市の松川湧水公園で復興公営住宅と地域住民との交流芋煮会が行われました。

 

北沢又住宅町内会と松川湧水維持管理協議会の合同企画の芋煮会に、北沢又団地住民がご招待をされる形での芋煮会交流会でした。

はじめに北沢又住宅町内会会長、北沢又団地自治会会長のあいさつのあと、「松川の砂防について」の講話、土石流のデモンストレーションの後、芋煮会がスタート。

 

会の中では、和太鼓やソーラン節の披露もあり、北沢又団地の方々は、芋煮汁をいただきながら、近隣町内会の皆さんと親睦を深めていました。